読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーノリアス式絵画

コーノリアス蟻蛾(ギーガー)による、落書きが自己主張するブログ。蟻蛾党(ありがとう)、落書き戯画クラ、コーノリアス式開眼法…と、まずブログのネーミングから迷走中。

決戦は金曜日の新宿

僕は深夜のバスタ新宿に用があって、それまでの時間を埋めるのに「誰か暇な人いない?」と持ちかけてきてたホビヲ氏と一戦交えることになった。

 

その様子は彼の記事で一目瞭然。

 

以下はそこに至るまでの経緯、つまり蛇足です。

 

初戦は待ち合わせ勝負。予定時間より10分ほど遅れる見通しのホビヲ氏。

僕に有利かと思われたがその時僕は「もうちょっとで会社出れるかな」状態。30分引き延ばす。

「新宿なう」「待たせてごめんなう」みたいな駆け引きを繰り返し、ついにはホビヲ氏に「おなかへったー!」と言わしめる。

そして指定してもらったはずの待ち合わせ場所が理解できていない自分。勝敗定かでない中の再会。

 

二回戦はラーメン二郎歌舞伎町店。ホビヲ氏が「大盛り食べるの?」とジャブ。一瞬、「いつも大盛り食べてたっけな」という錯覚におちいる。ただ錯覚かどうか自信がない。不安すらおぼえる。念のため普通ラーメンのチャーシュー多めにとどめる。彼もまた同じチョイス。これでスタートはフェアだ。

いよいよトッピング。「ヤサイマシマシ+アブラマシマシ」という気持ちを込めて「ヤサイ・アブラのマシマシ」とオーダー。頼む、伝わってくれ、「ヤサイマシ、アブラマシマシ」とは違うんだ。

そんな僕のドキドキを尻目に「ヤサイアブラマシで」とクールに言い放つホビヲ氏。

さらに「このブログ記事、結構読まれてるんだよ」と年齢のやつを見せにスマホを机に置いてくるあたり、かなり余裕だ。しかし二郎はトッピング聞かれたらもう一瞬なのだ。そこから小心者の僕は、寡黙に一心不乱に食べることに集中しないといけないのではないかオーラの漂う店内にとらわれてしまうのだ。急げ、かきこめ、飲み干せ。

ふと隣を見ると、すでにホビヲ氏はごちそうさ間際。

勝負あったな。そう感じながら、先に席を立つ彼を見送る。

いくばくもなく僕も食べ終え、軒先で待つ彼の元へ行く。そして彼の一言。「チャーシューしないでその分ヤサイマシマシにしとけばよかったかな」なにかが渋い。自らのチョイスへの冷静な自己分析、飽くなき探求心。

完敗だ。

完敗ついでに当初の目的である、喫茶店で乾杯をするためにルノアールに行くのでした。

 

その続きの最終決戦が、初めに紹介したホビヲ氏の記事です。